走行中のトラブル「高速道路」

高速道路は大変快適で便利なものですが、走行速度が速く、また停止するタイミングがPA、SA以外ないことから不注意やルール違反が大きな事故を招きかねません。

大事故をニュースなどで目にしますが、原因はほんの些細なことが多く、ドライバーの注意が喚起されていればこのような事にはならなかった「未然に防ぎ得た事故」と思えるようなものだったりします。

道路標識に注意すること、追越車線を走行し続けることはしないなど、守るべき最低限のことがあります。

その最低限のことを注意したとしても、不特定多数の人間が利用しているわけですから、何らかの事故になる可能性は拭えません。

それでもドライバーひとりひとりの意識によって、事故の可能性はグッと減ります。

自分が「事故の原因元」とならないよう「高速道路で注意すること」を、常に念頭に置いて意識しましょう。

高速道路で注意すべきこと

高速道路で注意すべき点には、以下のようなものがあります。

・ 高速道路に進入する場合、本線車道を走っている他の車の進行を妨げないために、充分な加速が必要です。

高速道路では、「流れ」を重視しましょう。

本線走行中の車は100km/h程度、1秒間に28mほど進む計算で走行しています。

そこにふらふらと加速をしないままの車が割り込んできたら。。。とんでもないことですよね。

もし充分な加速ができなかった場合は、車の流れが途切れるのを待ってから進入。

もし自分が本線走行中でインターチェンジやSA、PAから進入する車を見つけたら、すみやかに車線変更をしてその車の侵入がスムーズに行われるように気遣いましょう。

・ 走行中は左側白線を目安に左寄りの通行を意識すると、広報の追い越し車両と接触することが防止できま

す。

追い越すときには右側寄りを意識するといいですね。

・ 追い越しは早めに後続車などが気がつくようにウインカーなどを上げて、意思表示をしましょう。

追い越し車両を走行中の後続車などを意識し、充分な車間距離と加速が必要です。

無事に追い越しを終えた後は、追い越した車両との間に充分な車間距離を確保できてから、元の車線に戻りましょう。

追い越した車の車体の全てがルームミラーに映る距離が、大体の目安です。

車間距離が充分でないままに車線に入ったり、車線に入って途端に減速をするというのも、追突事故を引き起こしかねません。

後続車が思わずブレーキを踏めば、スピンや追突を引き起こします。

自分に被害がなくとも、不用意な運転が原因になっています。

・ 高速道路では急ブレーキ踏むことは危険。

エンジンブレーキやフットブレーキを使いながら、徐々に減速することが大切です。

・ 急ハンドルは切ってはいけません。

・ 強風時は、大変車体が不安定になります。

ハンドルを取られることもあり、自分でコントロール出来ない事態となることもありますので、速度を落としましょう。

・ トンネルの近くには信号機や指示板があります。

必ず見るようにしましょう。

・ トンネル進入時、出口は速度も変化しますし、視力が一時的に見えにくくなります。

想定しておきましょう。

上記以外にもたくさんの注意すべきものがあります。