高速道路の速度は?

高速道路は、一般道よりも速い速度で走行できることが可能で、信号なども無く、大変スムーズの目的地まで届くことができるので、長距離移動の際には便利です。

高速自動車国道と自動車専用道路を「高速道路」と呼んでいますが、どれだけでも出していいということではなく当然制限速度があります。

自動車専用道路では、標識や表示が出ている場合はその標識に従います。

高速自動車国道に速度制限が出ていれば、それに従います。

また最低速度も定められていますので、必ず守るようにしましょう。

しかし事故や道路状況によって臨機応変に対応することも大切。

悪天候などの場合は安全走行に心がけねばなりませんし、長時間走行していると速さに対する耐性が自分にできてしまい。感覚が鈍ります。

スピードメーターを気にすることも必要となるでしょう。

特に高速道路から一般道に降りた時などが、注意しなければなりません。

カーチス

とくに標識や表示がない場合の本線制限速度

特に標識や表示がない場合の高速道路の制限速度は、以下の通りとなっています。

・ 中型自動車や、普通自動車、大型自動二輪、普通自動二輪は最高速度が100km/h、最低速度は50km/h

です。

大型乗用移動者や特定中型貨物自動車、また三輪自動車などは除きます

・ 上記以外の自動車や他の車を牽引している場合などは最高速度80km/h、最低速度50km/hです。

標識や表示によって最高速度や最低速度が示されている場合は、そちらを優先と判断しなくてはなりません。

また本線の車道線が対面通行(往復の方向別にちゃんと分かれていない区間のこと)の場合は、一般道と同じと判断して最高速度も適用しなくてはいけません。

車間距離を充分に取ることも必要です。

タイヤに問題がない場合は100km/hに対して100m、80km/hで80m、タイヤが減っていればその2倍の車間距離が必要です。

また「牽引」に関しては、高速道路を牽引して走ることが可能な車は構造や装置が決まっています。

牽引している車が全て走れるとは限りませんので、予め確認していきましょう。

最低速度に関して特に臨機応変に。

事故車がある場合や、思わぬ悪天候、強風などの場合、車の安全性が確保できないと感じた場合は速やかに高速道路を降りることが必要ですが、それまで最低速度制限の厳守よりも安全性確保の優先を。

またそのような車であることをハザードなどで知らせることも行っているようです。