ETCゲートが開かない!

ETC専用レーンやETC・一般レーン、一般レーンがある料金所であれば有人ですから、もしレーンが開かなくても安心です。

係員が来るまで待つことで解決するので、ドライバーが守るべきことは「後退しないこと」「車からむやみに出ないこと」の2点になります。

しかしETC専用車ゲートしかないインターチェンジが近頃ありますよね。

それは無人です。

しかもまわりに何も無いところにポツンとある事が多く、大変に不安。

そのような場合の対処のしかたはどうなっているのでしょう。

CX-5減税

ETCゲートの入り口や出口で開閉バーが開かなかった場合。

ETCゲートの入り口や出口で開閉バーが開かなかった場合にまずドライバーがするべきことは、ハザードランプを点滅させることです。

それによって後続ドライバーに異常が起こったことを教え、安全確保を行ってください。

またこの場合も、車を降りてはいけません。

インターフォンボタンがゲートに設置されていますので、それを押して係員への連絡を行います。

指示が出されますので、それに従いましょう。

これがバイクの場合であれば、そのままETCレーンバーを横から通過して、駐停車禁止ではない場所まで移動して自分の安全確保を行った後、ETCレーンを管理している会社に連絡をとるという手段をとることとなります。

ETCゲートの場合は無人ですので、有人の料金所のばあいよりも手順が厄介になります。

ETCカードがちゃんと差し込まれているか、有効期限は切れていないか、予めちゃんと確かめておくことが重要です。

必ず20km/h以下まで減速する進入を守りましょう。

またETCレーンには信号が付いています。

青は使用可能、侵入できるレーンです。

当然赤のレーンに進入してはいけません。

この場合も侵入すれば危険防止と安全確保のため、後退はできませんのでそれだけで厄介です。

急いでいる場合であればどんどん焦ってしまうますので、後々の運転にも支障がでかねません。

またこのようにETCレーンでは、前を走っている車が止まるということがあります。

かならずスムーズに通過するとは限りませんので、自分にETCカードの不備がなかったとしても、必ず前方に注意を払いましょう。

結構、ETCレーンやゲートで立ち往生する人は見かけます。