ETCの装着方法

ETCのレーンバーが開かなかったりしたら、それは大変ぞっとしますが、冷静に対処しましょう。

もともとETCの普及の目的は、有料道路の料金所付近の渋滞を緩和したり、人員の削減、利便性の向上などがあります。

料金所ゲートに設置されているアンテナとETC車載器との間で通信が行われ、通行料金が決済されます。

料金所で停止しないことから、大変スムーズに料金所を出ることができ、渋滞の緩和にはかなり貢献していますよね。

近頃では新車で車を購入するときには、このETC車載器が予め搭載している車種も多くなっています。

それだけ普及したということでしょう。

クレジットを介した後払いとなりますので、計画的に遣いましょう。

ETC利用者だけの料金的な特典などもありますので、大変便利です。

付いていない車はどうすれば付けることが出来るのでしょう。

【調査中】フォレスター(SUBARU)VSエクストレイル(NISSAN)どっちを買うべきか|フォレスター.jp.net

ETCを搭載するには

ETCはそれを購入したからと言って、自分で装着するというわけではありません。

購入したでシーラーやカーショップ、整備工場などで装着してもらうこととなります。

ETC車載器の設置はもちろんですが、財団法人道路システム高度化推進機構ORSEの認定を受けねばなりません。

このセットアップを販売店で行ってもらわなければ、ETC車載器を設置しても使えません。

この認定のセットアップは、ETC車載器を買い換えたり別のおのと取り替えたときや、ナンバープレートなどを変えるとき、ETC車載器自体を別の車に移すとき、ETC車載器が付いている車を購入したり、譲渡された場合なども必要な作業です。

標準備品となっている自動車もありますので、その時はディーラーなどが行ってくれます。

ETC車載器には大まかに「アンテナ一体型」と「アンテナ分離型」の2種類に分けられます。

アンテナ一体型は、アンテナとETC車載器が一体になっている、アンテナが内蔵されているタイプ。

ダッシュボードに設置されます。

アンテナ分離型は、アンテナとETC車載器が別になっていますので、取り付ける場所の自由度が高くなります。

必ずしもダッシュボードでなくていいということになります。

またETCカードとETC車載器の購入は全く別のものですので、手続きはそれぞれに行います。

一括して申し込めるショップもありますが、内訳としては別です。

ETC車載器を購入することは誰でも可能ですが、ETCカードがなくては使い物になりません。

ETCカードの申し込みは断られることもあるので、不安な場合は先にETCカードの申し込みを行っていたほうが無難ですね。