高速道路の走行時の視野は?

通常一般道を走行しているとき、様々な情報を得ながら運転しています。

この時には9割を視覚情報に頼っているのです。

運転中、運転者が目を動かすこと無く情報が得られる範囲は、注視点から計って5度の視覚のみ。

「実際に見ている中心視」と「なんとなく見ている周辺視」がその5%なわけです。

運転中は路面や景色が流れていく中で大まかな情報を得て、細かい情報は注視点が捉えます。

ここで更に目を動かすことで、視野を広げるという作業をしています。

運転するときには遠くを見て運転しろと、教習所などでは教えられますよね。

出来る限り周辺視を広げ、大きな視野で情報を得るようにという意味合いもあります。

時速40キロの速度で走っているときに運転者は、100度の視野を得ながら走っています。

これがほぼ一般道での走行ですよね。

しかしこの視野が、高速道路では低下してしまいます。

ヴィッツシエル.net

高速道路での視野は?

速度を上げると、それだけモノは見えにくくなるものです。

これは動体視力によるものです。

動くものをみたり、自分が動くときに物を見る力のことですが、静止しているときの視力とはちょっと違います。

遠くから直線的な動きでモノが近づいてくるときの見え方で測定しますが、この動体視力は速度が速ければ早いほど下がるという傾向にあります。

動体視力自体は速さも当然ありますが、普通の生活をしていても歳をとったり目の病気をすることで下がることもあります。

もともと持っていた動体視力が変化してしまうということですから、過信は禁物ですね。

また訓練によって上がるということもありようです。

ボクサーの動体視力は元来のものもありますが、訓練によるところも大きいですね。

それと同じです。

高速道路は一般的に、標識や標示を守れば、そこ道を走行するには充分な視野が得られるように設定されています。

ですが時速130キロで走ったとすれば、30度程度の視野しか得られません。

時速40キロの時には100度あったものが、30度。

個人差もあります。

目から得る情報から危険を察知する能力がこれだけ減ってしまうのですから、事故の危険度は大きくなるということです。

ましてやサイドミラーやルームミラーが汚れていたりすれば、最悪ですよね。