高速道路の視野の死角は?

車には死角があります。

座高の高さなどによる個人差もありますし、車によってプラーなどの太さや位置で視覚が出来たり大きさが違ったり様々です。

乗ってみて死角がどこにできるのかを知ることで、死角に対しての注意度が変わりますので、危険を回避できるようになります。

近頃の車にはアラウンドビューモニターが搭載されているものもあるので、かなり便利にはなりました。

しかし注意を施すことは大切ですので、機械が付いていても過信は禁物です。

助手席のミラー下部などにもカメラば設置されているものもあるようですが、それでも死角は残るのです。

高速道路では高速で走っていることから、動体視力も低下していますし、視野も狭まっています。

視覚に対する注意は一般道以上に行わなくてはなりません。

新型クラウン値引き率

高速道路で特に気をつける死角

運転席に座ると、窓から下の外側部分は概ね死角となっていることに気がつくと思います。

運転席からみてピラーが死角になり、その死角が車種によって大きな場合もあります。

高速道路に限ったことではありませんが、左方向へ車線変更するときなど、真横や少々後方から走ってきている車に気がつかないことがあります。

それを避けるためにも、左方向に入るときには特に余裕を持って指示器を出し、後方からの車や真横の車がない状態になってから車線変更を完了させる必要があります。

また自分の死角は、概ね他者ドライバーにとっても死角です。

自分の車が相手の死角に入っていることがあるということですね。

ですから自分の死角を知って、相手の死角に対してイマジネーションを働かせることが重要な作業となります。

「あ!相手に見えてないな!」と想像することは、自分の車の存在を相手に教えてあげることと、コチラが危険を回避するための行動をとる余裕ができるということです。

高速道路で見えてないなと思ったときに、死角から出る工夫をしたり、間に合わないときにはクラクションを軽く鳴らして教えてあげたりします。

高速道路では極力クラクションを使うことはしませんが、相手のためにもそうした方がいい時があります。

大きく鳴らしては、相手が小心の人の時にビビって急ブレーキなどをかけてもっと危ない。

ちょっと鳴らす程度にしましょう。威嚇ではないのですよ、注意程度です。

高速道路では特に、自分も信用できませんが、人も信用できません。

「分かっているはず」「このようにするはず」が、案外分かっていないし、案外「こうしてくれないわけ」です。

防衛運転に心がけましょう。