高速道路のチェーン規制は?

高速道路ではチェーン規制をするより早く「区間止め」をされることが多いようです。

交通情報などは注意して確認していきましょう。

一般道で大丈夫と思っていても、区間によっては大丈夫ではないと判断されている時があります。

特に高速道路は山の中などを通っていることも多く、また長距離にわたりますので、天候などもグッと違います。

高速道路のチェーン規制の場合は、ゴム製や非金属のチェーンは通行できないと考えたほうがいいでしょう。

判断自体はその場所場所の警察官が行いますので、一概には言えません。

ゴム製や非金属のチェーンは「通行不可」と判断されることが多いので注意が必要ということです。

レクサスRX値引き額

高速道路のチェーン規制について

高速道路のチェーン規制は、「駆動輪への装着」と「全車輪に冬用タイヤを装着すること」が範疇となります。

また冬用タイヤとチェーンの両方が必要な場合もあります。

これは「チェーン装着車以外通行止め」といったケースです。

このいづれが該当しているのかが現場の判断になります。

雪に弱い地域がありますよね。

そのような地域では比較的早めにチェーン規制が入りますし、強めの規制になります。

また通行止めの処置も早まりますので特に注意が必要です。

冬の時期に出かける際は、冬用タイヤの装着とチェーンの携行が望まれます。

スタットレスはスノータイヤの一種ですが、零度以下になっても効果しにくく、摩擦に対しても抵抗が増加する構造になっています。

凍結や雪に対しても、段違いのグリップ力で駆動と制動を助けてくれます。

南の地方では、このスタットレスにチェーンを装着することを義務付けられる場面は余り見かけません。

その前に通行止めが入ってしまうということでしょう。

通行止めには、その土地の差異がありますので、南の地方の人が北の高速道路で通行するときには、通常時でも充分な注意が必要となります。

もともと不慣れであるのです。

またチェーンを購入していても、いざとなったら付けることができないということがあります。

それほど難しいものではありませんが、初めてであればかなり戸惑ってしまうものです。

購入したのであれば、一度は練習しておいたほうが賢明です。

自動車学校でも、一回は習っていると思われますが、案外忘れています。